結婚の内祝いはこだわりをもって

私は、家庭内の諸事情があり結婚式をあげませんでした。
ですが、親戚や友人などからお祝いをいただきました。
ですので、お祝いをいただいた方に内祝いを送るのに、なにが良いのか夫と相談しましたが全く決まらなかったので、内祝のマナーについてインターネットで内祝について調べました。
まず、刃物や割れ物など別れを連想させるものをNGで、相手の環境を無視したものを贈るのもNGでした。
また、目上の人には上質なもの、兄弟や友人には相手の好みに合うようなものを選ぶと良いとのことでした。
いろいろ考えて、伯父や伯母には質の良い大判のタオル、子どもがいる兄弟と友人には無添加のジュースやお菓子の詰め合わせ、独身の友人には可愛い入浴剤にしました。
どれも、こだわりを持って選んだものです。
結婚祝いをいただいてから一カ月以内にはすべて郵送しました。
そして、到着の電話をくれた人もいたのですが、センスの良いもので嬉しかったと喜ばれました。

大阪で人気のウェディングドレスをご紹介
素敵なドレスを選んでみませんか?

思い出に残る二次会プラン

バラの花束が大人気
プレゼントにぜひお選びください

誕生日 バルーン
で楽しく飾り付け