結婚の内祝いについて

結婚の内祝いは、式には招待できなかった方から、結婚祝いをいただいたという場合や、式に来ていただいたゲストの方で、多額のご祝儀をいただいてしまい、引き出物だけではお返しとしては足りないなという場合に、後からお返しするものです。
お祝いとしていただいたものの、半値程度のものをお返しするのが一般的です。
ハネムーンに行った際に、少し豪華なお土産を購入して、それを内祝いの代わりとして、お渡しするというのもお勧めです。
内祝いを贈る際には、結婚式が終わってから、できるだけ早く贈ることが大切です。
1ヶ月以内ぐらいには、贈れるようにすることをお勧めします。
ハネムーンなどで長い間留守にするのであれば、1ヶ月以内に贈るのは難しいかもしれませんが、そういう場合でも、ハネムーンから帰ってきたらできるだけ早く、贈るようにするのがマナーです。
贈る際には、お礼のメッセージを書いたカードや、手紙などを一緒に送ることをお勧めします。