結婚の時の内祝いについて

結婚内祝いとは、お祝いを頂いた方への「お返し」となる贈り物です。
式などに招くことができなかった人達や、披露宴ができなかったけれどもお祝いを頂いたという人へ贈るのが一般的となるため、内祝いを贈る時期も式の日取りが基準となります。
 まず、お祝いを頂いた場合は、直接の場合はその場で、それ以外の場合も早めに電話などで、「無事に届きました」ということが伝わるように感謝の気持ちを伝えることが大切です。
現在ではメールも普及していますが、礼儀にかなったものではないという見方もあるため、とても親しい間柄の人以外はメールを通じてのお礼は控えた方が無難です。
内祝いを贈る時期は、「無事に結婚しました」という意味合いも含まれているため、結婚式後一か月以内を目安になるべく早くに直接手渡すか贈るようにしましょう。
金額は頂いたお祝いの半額程度を用意するのが一般的です。
見た目も味もおしゃれなお菓子や石鹸といった女子度のアップするものや、ワインやタオル、食品セットなども人気があります。