感謝の気持ちを伝える、内祝い

ご祝儀や結婚祝いをもらった方の中には、披露宴に招待できなかった、もしくは参加できなかったという方も出てくるものですが、そうした方々に対して贈るのが内祝いです。
通常、内祝いは式を挙げてから1ヶ月以内に贈ることがマナーとされていますが、まずは感謝の気持ちを伝えることが大切。
メールなどで済ませず、できるだけ直接、お礼の言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。
予算に迷う方も多いようですが、もらったお祝いの半額程度が目安とされています。
内祝いのプレゼントは、すべての方に同じものを贈るというよりも、渡す方それぞれに対して、内容を考えることが大半です。
そのため、その方の好みや家族構成などを考えながら、プレゼント選びをすると良いでしょう。
当然のことながら、結婚式は式の前から終わった後まで、何かと忙しくなるもの。
こうしたお祝いへのお返しなども準備に時間がかかるので、直前で焦ることのないよう、事前に下調べをしておくと安心です。